家族葬や遺品整理で心もスッキリ:心からのラスト・デイ

親族で行なう

家族葬の今とこれからについて

家族葬は、ごく身近な親族などで行う葬儀のことを言います。 以前は密葬という言葉で表現しておりましたが、最近では家族葬と言うように なりました。 なぜ家族葬が増えてきたのか、現代は高齢化が進みまして、仕事を退職されて 人とのお付き合いも少なくなりまして、亡くなった場合でも、連絡する人が 少なくなってきておりますので、ごく身近な親族で行うことが増えております。 あまり豪華ではなく、シンプルな形が多く、こじんまりとしたものが 増えてきているのが現状です。 なるべく人に知られるのがあまり好きではない方もいらっしゃいますので、 なるべく参列する際には、事前に聞いておくことが大変重要になってきます。 これから先も家族葬が増え続けるものと考えております。

親族だけでもマナーがあります

家族葬でも、マナーがありまして、なるべく先方にご迷惑にならないよう配慮します 一番難しいのが、ご近所さんへの通知の方法です。 ご近所さんには、回覧板や各連絡網で知らされることが多いですが、会葬に行くか 行かないかで迷いが出てくると思います。 お知らせなどで、会葬や香典を辞退しますという内容の記載がある場合は 特に悩むことはないですが、何も書かれていないとどう行動をしていいか 迷いが出てきます。 その時は、町内会に問い合わせをするか、よほど親しい方でしたら、直接連絡して 伺うようにするといいのではないかと考えております。 伺ってもいいようでしたら、ここで初めて香典と供花の準備をします。 なかなか難しい場面がありますが、そこは落ち着いて行動をするといいです。