家族葬や遺品整理で心もスッキリ:心からのラスト・デイ

様々な場所

供養する場所の事業者について

故人の供養の仕方もここ最近は多様化しています。 墓石を購入してお墓を建てる人もいますが、納骨堂や永代供養墓を利用する人も増加しています。 これらの供養する場所には、自治体などが運営いている公営のものと寺院や宗教法人などが運営しているところなど様々です。 公営の場合は民営に比べると料金が安い場合が多いですが、その分人気が集中し、希望者が多い場合は抽選となってしまうこともあります。 民営の場合は料金はマチマチですが、納骨堂や永代供養に関しては手厚い管理や供養をしてくれるところも多いですし、最近では交通の便が良い場所に建てられることも多く、利用する人が増加しています。特に地方よりも都市圏の方が納骨堂や永代供養の需要が高まっています。

納骨堂や永代供養について

納骨堂は室内に個別のスペースを借りて供養する方法ですが、永代供養墓は屋外に建てられていて、合同のお墓に納骨して供養する方法が一般的です。 どちらも費用を支払えば、運営側で管理をしてくれるのが特徴で、永代供養墓の場合は定期的に法要も行ってくれます。納骨堂の場合も一定の期間が過ぎれば、合同のお墓に移して供養してくれるところもあるので永代供養の一種と言えます。 最近では子供がいても離れて暮らしていたり、生涯独身の人も増加しているため、お墓を持たず管理の必要がない納骨堂や永代供養の人気が高まっています。また、最近では樹木葬などを希望する人も多くなっており、敷地内に樹木を植えて専用のスペースを設けているところも増えています。