家族葬や遺品整理で心もスッキリ:心からのラスト・デイ

利用時に考えるべきこと

お墓を建てる前に考えておきたいこと

現代は大家族から夫婦単位の核家族化が進み、そのため最後の安住の場所であるお墓への意識も変貌しています。 以前は先祖代々檀家だった寺院にお墓を建てるのが普通とされていましたが、今では自分自身でその場所を自由に選ぶことが一般的です。 ただ選択肢が多い分、選ぶ時には慎重さが必要です。 自分自身は気に入った墓地や霊園でも、残された遺族にとって不便な場所だったり通いにくいといった問題が起こると、管理が行き渡らなくなる可能性があるのです。 特に管理の問題は大きく、核家族化でお墓を建ててもそれを守る人がいないといったケースが増えており、こうした場合の多くは後に整理されてしまうことも少なくないのです。 こうしたことから、都会では民営の霊園管理者が永代にわたって供養・管理する永代供養墓が人気を集めています。 また共同墓など、個人単位ではなく団体で1つの墓に入るスタイルもみられ、お墓に対する考え方が変わりつつあるとされています。

墓地・霊園の違いとその特徴

墓地・霊園には、公営と民営、寺院境内の3種類があり、それぞれ特徴に違いがあるとされています。 公営は、地方自治体が管理・運営している墓地・霊園です。 経営や管理が安定しており、しかも永代使用料や管理費が安価とされていることから人気ですが、募集数が少なく、また募集があっても新規ではなく過去にお墓があった場所に建てることがほとんどです。 また、基本的に生前に墓を建てられないため、終活として考えている人には不向きです。 民営は、宗教法人や公益法人が運営・管理しており、ほぼ全て新規に開発された墓地・霊園です。 生前墓が可能で、一般の墓から共同墓、永代供養墓と様々な形態があり、宗教・宗派を問わず広さも選択できる等、自由度が高いことが知られています。 民営のため、永代使用料や管理費がやや高いと言われていますが、その分管理がしっかりしているとされています。 最後の寺院境内は、昔ながらのお寺の檀家が眠る墓地・霊園です。 檀家とあって、元々お寺と密な付き合いがあることから、代々手厚く葬ってもらえ、管理もしっかりしています。 ただし、当然宗教や宗派は限定され、また新規でお墓を建てるには場所が足りないケースが多いようです。