家族葬や遺品整理で心もスッキリ:心からのラスト・デイ

便利に使う

家族葬など専用プランが便利

お葬式の費用は高額です。地域によって差がありますが、百万円以上かかることは珍しくありません。近年では、お葬式費用を抑えたいというニーズが高まっていることから、低価格でお葬式が可能なプランを用意する葬儀社が増えています。 低価格でお葬式を行うためのポイントは、参列者を少なくするということです。家族葬のように家族だけで行う場合や近い親戚や親友にとどめる密葬という形がその代表例です。家族葬などは会場そのものの広さも必要ありませんし、返礼品やお料理の用意も不要です。そのため、結果的に安く抑えられるというわけです。 こうした家族葬などは、専用のプランがあります。専用プランには、棺・遺影・霊柩車・会場使用料など最低限のものが含まれているのが一般的です。費用もあらかじめ設定してありますので、分かりやすく準備が簡単に済むので便利です。

専用プランの利用は追加費用に注意

家族葬を行う場合は、専用プランを選ぶことで細かい手間が省けます。準備や段取りが簡単ということは、故人とのお別れを偲ぶ時間が増えるということです。しかし一方で、落とし穴にも注意が必要です。固定額のプランの場合は、思わぬところで追加費用が発生することもあります。そのため、どういった場合にいくらかかるのかについては、あらかじめ確認が必要です。 また、家族葬や密葬の場合、特定の方のみに参列してもらいますが、それ以外の方は参列をご遠慮いただく旨を記した文書を用意します。香典や供花を辞退したい場合はその旨も合わせて周知します。とはいえ、お付き合いのあった方々が後日弔問に見えることも少なくありません。そうした際に失礼のないように、あらかじめ返礼品を用意しておく必要もあります。返礼品は、先述したようなプラン費用には含まれないため、別途費用が発生します。